「あっ、そんな、両方イジっちゃだめっ」熱く吸い付いてくる彼女のナカを突くと、アソコを震わせてトロトロにイキ続け…――夏休み。久々に田舎に帰り、友人たちとの飲み会した晩。疲れて寝てしまっていた俺が目を覚ますと…泥●した幼馴染の海里ちゃんが俺の上にまたがっていて…!? そのまま舌を絡められ濃厚なキス。「やばいっ」と、我慢していたものの、彼女に「下手なの?」と煽られたら…! じっとりと汗ばんだ彼女の体温、柔らかい胸…再会した幼馴染とそのまま何度も…!?【この作品は「田舎でセックスに溺れた夏休み〜大人になった幼馴染と… 」話売り作品の合冊版です。】
WEB SERVICE BY FANZA